使いやすいアイテムとして人気

ファイル

何かを配ろうとするときに候補となってくるのがクリアファイルです。中に紙を挟めるようになっているので、書類の整理などで活躍してくれるアイテムとして多くの人にとって使えるものでもあります。チラシなどを配る際に、中にチラシを入れることが出来るというメリットもあります。ある程度水分や汚れから中身を守ってくれるので、中が汚れないで済むという事もありますし、クリアファイル自体は使えるアイテムですから受け取ってもらいやすいという事もあるのです。今でも多くの方が書類とは無縁でいられない生活ですから、それを整理できるアイテムはいくつあっても邪魔にならないという事で、好意を持って受け入れられやすいアイテムとなっているのです。

印刷することも可能

ファイル

クリアファイルは基本的に透明な状態で、中が見えるものとなっているのですが、表面に印刷を施すことも可能です。それ自体を広告媒体などとして使う事も多くあるのです。それでも十分使うことが出来ますし、印刷してあることによって中の書類が見えないことで見せたくない書類を入れるのにも都合が良いという事もあり、受け入れられることも多くなります。キャラクターなどを印刷したものはキャラクターグッズとして人気もあります。

厚みの違いも気をつけて

印刷機

クリアファイルを選ぶ際には、厚みにも気をつけたいものです。厚みが薄いものは多くのファイルを使っても嵩張ることなく、軽さもありますが、強度が無いので書類をたてて保存する際に折れ曲がってしまう事もあります。ある程度厚みのある物は自立しやすくしっかりしていますが、多くの枚数が集まると重さを感じることもあるものです。クリアファイルを選ぶ際には用途などを考えてどの厚みがいいかという点にも気をつけて選んでいきましょう。

大きさも重要

印刷イメージ

クリアファイルを選ぶうえで最も重要になるのが、どの大きさにするかという事ではないでしょうか。基本的には中に入れる物の大きさで決めていきます。配布するチラシなど入れる書類の大きさが決まっている場合にはそれに合わせて選びましょう。そういった基準がないときには、一般的に使いやすいサイズで選んでいきます。最近はA4サイズが主流ですから、そのサイズを選んでおけば十分という事も多いでしょう。特にこだわりがある場合にはそのこだわりに合わせたサイズにしていくことになります。ぜひこうした形で使い道に合ったクリアファイルを大きさの面からも選んでいくようにしたいものです。

広告募集中